妊娠糖尿病に注意 安心マタニティ・ニュース バックナンバー

妊婦さんのためのプレママサポート鍼灸



お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330
妊娠糖尿病にご注意を 
 
はてなブックマークに追加 
安心マタニティ・ニュース バックナンバー 2014.08.08

 vol.36 【妊娠糖尿病にご注意を…】
こんにちは。プレママサポート鍼灸院の足立です。

前回はペットボトル症候群の情報をお送りしました。

ペットボトルの清涼飲料=ジュースを飲み続けることで
急性糖尿病の症状にかかってしまう…と、そんな内容でした。

さて、今回のメルマガでも、同じく
妊婦さんが注意すべき糖尿病に関する内容をお送ります。

---------------
★ 妊娠糖尿病について ★
---------------


◆妊娠中ともなるとこんなホルモンが…


胎盤からインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されるそうです。
これを“インスリン拮抗ホルモン”と呼ぶそうです。

そもそもインスリンは血糖値を下げるはたらきを持つホルモンです。

しかし、胎盤から“インスリン拮抗ホルモン”が分泌されることで、
インスリンの働きが制御され、血糖値を下げることが難しくなります。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?

妊娠すると、2人分のエネルギーが必要になります。

つまり母体の血液中には2人分のエネルギー(糖)が流通していてほしい状態なのです。

この2人分のエネルギー(=血糖)をキープするために、
血糖値を下げるホルモン(=インスリン)の働きを抑えておきたいのです。

でないと、胎児が大きくなる妊娠中期~後期にかけて、
あっという間にエネルギー不足に陥ってしまいます。

こうしてみると生物(哺乳類)の進化の歴史を
かいま見ているような気持ちになりますね。

 さて、糖尿病に話を戻しましょう・・・

通常(妊娠前)はインスリンの働きによって、
血糖値が上がりすぎないように調節されていたのですが…

妊娠してからは“インスリン拮抗ホルモン”の作用によって
血糖値が上昇しやすい体内環境に変わってしまいました。

そのような状況で、日常的に糖度の高い飲食物を摂取することは
妊娠糖尿病の発生率を高めてしまうのです。


◆妊娠糖尿病になると・・・

  妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)
  羊水過多による切迫早産
  巨大児による産道を通過しにくくなる

その結果・・・難産帝王切開につながります。

・・・と、このような問題の可能性が高まることが報告されています。

また出産後の新生児が低血糖呼吸障害に陥ってしまう…
そのようなリスクも報告されています。

こうしてみると、深刻な問題に発展するリスクが高いのが
妊娠糖尿病だといえます。

検診で体重増加や尿検査で厳しいチェックが入るのも
ナットクできますね。


◆妊娠糖尿病の問題点

妊娠糖尿病に罹ってしまったらどうしたら良いのでしょうか…?

食事療法運動療法が糖尿病における
血糖値コントロールの定番なのですが…

これらの対策は妊婦さんが実践しにくいのが現実です。

なぜなら…ハードな運動を妊婦さんがするのは
現実的に難しいものがあります。

そして、厳しい食事制限も避けたいところ。


『えっ!?糖尿病なら糖質制限をすれば良いのでは?』

こんな風に思いますよね。


しかし、糖質制限を行うことで、
赤ちゃんへの悪影響が心配になります。

胎児への栄養供給が十分に行われず
成長・発育の妨げになる可能性もあります。

・・・と、このように見てみると、
妊娠糖尿病に罹ってしまった時点で、打つ手なし…
インスリン投与・薬物治療しか選択肢はなさそうです。

となると、最も確実な方法はやはりコレ!
【予防】ですね。

予防であれば、ハードな運動や過度の食事制限はしなくてもすみます。

1、 適度な運動を定期的に行う
2、 バランスの取れた食事を摂取する

こうして書くと、どの本やサイトにも載っているような予防ポイントです。
ですが、だからこそ“確かな情報”だと言えます。

  繊維質の多いものを摂る。
  脂身・油分を控える。
  動物性タンパク質よりも植物性タンパク質の方がよい。
  食べる順番は、野菜から始まり、糖度の高いご飯を最後にする。

・・・と、このような情報がスタンダードのようです。

そして、もうひとつ大事なポイントは・・・
甘いモノ・脂っこいモノを過剰に摂りすぎないこと。

なにしろ、妊娠中は食欲の波がもの凄いですから
『頭では分かっているけど止められない…』

こんな状態に陥る妊婦さんも少なくありませんからね。

ストレスになりすぎない範囲でガンバってください(^^;)


  糖尿病に関係のある体質=水毒を軽減するためのツボはコチラ!


『妊娠中の水分補給の注意点』←前号   ・  次号→『糖尿病とムズムズ脚』     
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ


妊娠糖尿病にご注意を   
はてなブックマークに追加

健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 




 
プレママ鍼灸を受けた
妊婦さんたちの体験記です。治療の感想


当院のプレママ鍼灸
手順を説明しています。


 
料金や通院ペースは
コチラを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?
その理由と歴史を紹介します。





妊娠中に鍼を受けても大丈夫?
そんな不安を解決します。
 
当院は河内長野市ですが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも症状を治したい・・・』
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談
ご連絡くださいね


 

プレママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒586-0018
大阪府河内長野市
千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00

12:00
~15:00

■ご相談・ご予約は…
  0721-53-6330

メールでのご予約はこちら


妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんも
はり灸・東洋医学で守ります。
子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■

     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、数少ない脈診
週間少年マガジン医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.