妊婦さんのためのプレママサポートめるまがのバックナンバー




お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330


 
当院の治療を受けた方々の
プレママ治療体験記です。治療の感想


実際のプレママ治療は
このような手順で行っています。


 
治療のぺースは症状の重さ・緊急度などで決まります。
このページを参考にしてください。

 
当院がなぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?
その理由と歴史を紹介します。




妊婦さんが鍼を受けても大丈夫?
そんな心配や不安を解決します。
 
当院は河内長野市にありますが
和泉・岸和田・大阪市内からも
さらに遠方の方は東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも
症状を治したい・・・
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プランもあります。


お気軽にメールでご相談・ご連絡
くださいね



 
足立鍼灸治療院 仁鍼道
プレママサポート治療院

〒568-0018           
大阪府河内長野市千代田南町12-4

電話でご予約・お問合せは…
0721-53-6330
メールでのご相談・ご予約は
コチラ!!

            
受付
時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00

8:00

12:00

15:00

土曜日は昼の休憩なく診療
しています
お昼もご予約可能です

※日曜日・祝日は休診となります。



妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんの健康も
はり灸・東洋医学で守ります。

子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!


 このエントリーをはてなブックマークに追加
  プレママサポート めるまが☆バックナンバー 2014.04.25

 vol.33 【妊婦さんが処方される漢方薬】

こんにちは!プレママサポート鍼灸院の足立です。
芍薬
この写真はシャクヤク(芍薬)の花です。

今回のメルマガのテーマはこのシャクヤクつながりでお送りします。

テーマは【妊婦さんの漢方薬】

妊娠中に処方される漢方薬って、気になりますよね。

『漢方薬って、本当に効くの?』

『病院で出されたけど、どんな効果があるの?』

・・・などなど


気になることがたくさんあると思います。

そんな漢方薬の中で、
妊婦さんが病院でよく処方される
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)”という漢方薬について紹介しますね。

---------------
★ 妊婦さんが処方される漢方薬 ★
---------------


◆当帰芍薬散
(とうきしゃくやくさん)が有効とされる症状


この漢方薬が合った症状を調べてみると、次のように説明されています。

疲れやすく、足腰の冷えやすい人に向いている…とのこと。

さらに次のような症状に適応するそうです。


  貧血
  倦怠感
  更年期障害
  月経不順、
  月経困難、
  不妊症
  妊娠中の諸病…



妊娠中の諸病って、ちょっとあいまいな表現ですね…

もっと具体的に書きますと…

  浮腫
  腹痛
 
  習慣性流産・・・といった症状が含まれます

また、いわゆる妊娠中のマイナートラブルもこの諸症状に入ります。

さて、このような症状に、なぜ当帰芍薬散が効くのか?

その効能の秘密を紹介しましょう。


◆当帰芍薬散に使われる生薬

この当帰芍薬散には6種類の生薬が配合されています。
 当帰芍薬散
  【実際の当帰芍薬散・6種類の生薬を粉末状にしてある】

まずは【当帰(とうき)・芍薬(しゃくやく)・川芎(せんきゅう)】の3つ

そして【茯苓(ぶくりょう)・朮(じゅつ)・沢瀉(たくしゃ)】
…と、合わせて6種類の生薬が含まれています。


その効能は【良質の血液を補給し、血行を良くする作用】
さらに【水の排出を促し、余計な水の停滞(水毒)を防ぐ!】と…

妊婦さんにとって必要な効能を2つも持っているのです。

なぜ当帰芍薬散は、妊婦さんの体質にピッタリの漢方薬と言えるのか?

それは・・・妊婦さん特有の体質に理由があります。


◆妊婦さんの定番・体質とは!?

  妊婦さんは常に血液を必要としています

胎児の育み成長させるためには、
血液による栄養供給は無くてはならないことです。

となると、血液のコンディションを維持・キープする必要があります。

しかし、現実には日々の生活で、血液の質は低下・悪化します。
そのため、様々な症状があらわれます。

例えば・・・“こむらがえり”などがその典型ですね。

筋肉に十分な栄養を届けることができずに、老廃物を回収できなかったときに、
“こむらがえり”は起こります。

このような“血液の質と流れが悪い”状態を体質レベルで改善するのが、
3つの生薬【当帰・芍薬・川芎】のはたらきです。


  妊婦さんは水分の代謝が低下します

妊娠時の体質は、水の流れが極端に悪くなります。

その理由はいくつかありますが…

 1つめに『血液の巡りが悪くなること』
血流が“胎盤・胎児へ集中する”ことで、
身体全体の血行バランスはかたよってしまいます。

 2つめに『運動量の低下』
妊娠すると、安静にする時間は増え、活動量・運動量は減少しがちになります。
その結果、水の巡りが悪くなります。

 3つめに『子宮が大きくなること』
この結果、動脈や静脈が圧迫を受けて物理的に血流が悪くなり、
下半身、特に末端の水分の巡りも悪くなります。

 4つめに、大きくなった子宮が『膀胱や腎臓を圧迫すること』
このため、水分の排出=排尿にも影響を与えます。

『妊娠してから、尿の回数や量に変化が起こった…』
そんな妊婦さんも多いですね。

その結果として、水分代謝の悪化傾向…といった体質に変わってしまいます。
これを水毒体質と言います。

しかし、この水毒体質を、3つの生薬【茯苓・朮・沢瀉】で改善します。
これらの生薬は利水作用を持っています。

なので、“浮腫み(むくみ)”や“つわり”を軽減させることができるのです。


【血液の質・血流】と【水分の代謝・水の巡り】

これは妊娠中に限ったことではありません。

月経・妊娠・出産・授乳そして閉経・・・と、
血液を消耗させ、水分の代謝に波を起こす…

このようなライフサイクルと切り離せないのが女性の体質と言えます。

このような体質の特徴から見ても、
当帰芍薬散は、女性に処方されることが多い漢方薬といえるのです。


  つわりに処方される漢方薬特集はコチラ

 『つわりの苦しみは美しさに影響する…』←前号   ・  次号→『つわりに処方される漢方薬』                    
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ
 このエントリーをはてなブックマークに追加


健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 






お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.