妊婦さんのためのプレママサポートめるまがのバックナンバー




お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330


 
当院の治療を受けた方々の
プレママ治療体験記です。治療の感想


当院のプレママ治療
実際の手順を説明しています。


 
治療ぺースは症状の重さ・緊急度などで決まります。
このページを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?

その理由と歴史を紹介します。




妊婦さんが鍼を受けても大丈夫?
そんな心配や不安を解決します。
 
当院は河内長野市にありますが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の方は東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも
症状を治したい・・・
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談・ご連絡
くださいね



 
足立鍼灸治療院 仁鍼道
プレママサポート治療院

〒568-0018           
大阪府河内長野市千代田南町12-4

電話でご予約・お問合せは…
0721-53-6330
メールでのご相談・ご予約は
コチラ!!

            
受付
時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00

8:00

12:00

15:00

土曜日は昼の休憩なく診療
しています
お昼もご予約可能です

※日曜日・祝日は休診となります。



妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんの健康も
はり灸・東洋医学で守ります。

子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
  プレママサポート めるまが☆バックナンバー 2013.08.24

 vol.25 【妊婦さんと経口保水液】


こんにちは!
プレママサポートはりきゅう師 足立繁久です。

8月も終盤ですが、まだまだ暑いですね(--;)

この夏は熱中症対策として“経口保水液”を使うと良い
・・・そんな情報を耳にしました。

水分・ミネラル・糖分(エネルギー)を
効率よく補給するために、病院で行われるのが“点滴”です。

でも、点滴は普段の生活ではできませんね(^^;)

なので、日常で手軽に飲めるようにしたのが経口保水液です。

この経口保水液、妊婦さんにもいいんですね♪

ということで、今回の《プレママサポートめるまが》では
経口保水液の情報を紹介しますね。


---------------
★ 妊婦さんと経口保水液 ★
---------------


◆ 吐きつわり中にはミネラル調整が必要



嘔吐が続く妊婦さんは、
体内のミネラル(電解質)のバランスが崩れてしまう可能性があります。

とくに“体重減少”、“尿量減少”が現われはじめると
要注意です。

繰り返される嘔吐により、体液が通常以上に失われ
体内のミネラルバランスを維持しにくくなっている状態が近づいています。

意識的にミネラル(電解質)のバランスを調整して、維持する工夫が必要になります。

また、この暑い季節だと、発汗量も増えます。

妊婦さんは基本代謝量が高いため、発汗量も増えることがあります。
(個人差はあります)

つわりによる嘔吐と発汗によって失われた水分とミネラルを
効率よく補給することをおススメします。



◆ 経口保水液の作り方

水1リットルに、塩3グラム(小さじ1/2)、
砂糖25グラム(大さじ3杯と少々…)を入れます。
よく混ぜて溶かしたら、経口保水液のできあがり。


砂糖25グラム=大さじ3杯とチョット…って、アバウトな表現ですが
市販のスポーツドリンクよりも少ない糖分量です。

いわゆる経口補水液として販売されているものは
だいたいこれくらいの糖分量ですね。

それでも、つわりのキツイ妊婦さんにとっては、
甘味そのものが負担になることもある
かもしれません。

そんな時は、次の3つの工夫を試してみてください。


◆ 甘味がツラいときの3つの工夫

1、レモン・グレープフルーツなどの果汁を加える。

レモンなどを絞って加えるのもいいですし、
今ではレモン果汁も製品としてスーパーで売っていますね。

どちらも手軽に手に入る物なのです。

・・・しかし!

『酸味そのものが気持ち悪い…(><)』
という方には、別の手でいきましょう!


2、炭酸水で作ってみる

妊婦さんによっては
『妊娠してから炭酸水が欲しくなった!』

こんな風に好みが変わった人もいます。

炭酸はノド・胸の詰まりや不快感を
一時的に発散してくれるので、つわりには良いでしょう。

3、糖分そのものを減らす

甘味が負担になるのなら、甘味そのものを減らしましょう!

ということで、好みに応じて砂糖の分量を調節してみるのも
ひとつの手です。

ちなみに、以上の3つアレンジは、厳密にみると
糖分と電解質のバランスが微妙に乱れる可能性があります。

でも、なんにもしないよりも
ミネラル(電解質)を調える工夫はした方がいいです。


こういった知識も知っているのと、知らないのでは大違いです。
産後、育児中にも使える知識です。

夏場の暑い時期は、思っている以上に水分を失っていることもあります。
こまめに健康的な水分補給に心掛けてみてください。


  『長距離移動のプレママ注意点・その2』←前号   ・  次号→『秋の気候とノドの症状』                    
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ
 このエントリーをはてなブックマークに追加


健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 






お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.