妊婦さんのためのプレママサポートめるまがのバックナンバー




お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330


 
当院の治療を受けた方々の
プレママ治療体験記です。治療の感想


当院のプレママ治療
実際の手順を説明しています。


 
治療ぺースは症状の重さ・緊急度などで決まります。
このページを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?

その理由と歴史を紹介します。




妊婦さんが鍼を受けても大丈夫?
そんな心配や不安を解決します。
 
当院は河内長野市にありますが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の方は東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも
症状を治したい・・・
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談・ご連絡
くださいね



 
足立鍼灸治療院 仁鍼道
プレママサポート治療院

〒568-0018           
大阪府河内長野市千代田南町12-4

電話でご予約・お問合せは…
0721-53-6330
メールでのご相談・ご予約は
コチラ!!

            
受付
時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00

8:00

12:00

15:00

土曜日は昼の休憩なく診療
しています
お昼もご予約可能です

※日曜日・祝日は休診となります。



妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんの健康も
はり灸・東洋医学で守ります。

子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
  プレママサポート めるまが☆バックナンバー 2012.08.07

 vol.13 【妊婦さんと夏の暑さとつわり対策】

みなさま、こんにちは(^^)
プレママサポートはりきゅう師の足立繁久です。

8月に入りました!

日中、夜間の暑さもピークを迎え、
妊婦さんのツラさが増す今日この頃…(^^;)

お盆まであと一週間ほどですね。
帰省などで長距離移動をされる方もおられると思います。

週数・月齢によっては、長距離移動もお体に負担となることがあります。
今からでも遅くありません!

長距離移動に向けてしっかりと体調を調えておきましょう♪

…ということで、暑さ(暑気)対策をテーマにメルマガをお送りします。

---------------
★ 妊婦さんと夏の暑さとつわり対策 ★
--------------


◆妊婦さんは暑い・・・


妊婦さんにとって“夏の暑さ”はとりわけ堪えます。

なぜなら…妊婦さんの体質は基本的に
“熱がこもりやすい”からです。

夏場の妊婦さんというと…
少し動くだけでも汗をかいて
『フーフー』と息苦しい程です。

でも、これは(ある意味)仕方のないことなのです(^^;)

妊婦さんの基本体質は“熱がこもる体質”だから…

それはなぜか?

【妊娠しているから…】です。

“妊娠=胎児を胎内で育てる”という営みを行うこと…
これを言葉で言うのはカンタン。

でも、実際には、私たちの想像以上のエネルギーを必要とします。

それを通常の生活を行いながら(家事の他に、お仕事や育児も)
やってのける妊婦さんはスゴイ!ことをしているのです。

それだけに体内のエネルギー燃焼量は計り知れないものがあります。
エネルギーが燃えているのです。

なので“暑い!!”のです。

エネルギーが燃えて、体の中に熱がこもってしまうのですね。


◆妊婦さんと暑さ…

熱がこもるタイプの妊婦さんは
外気温が上がると、体調は目に見えて悪化します。

  つわり症状がひどくなる。
  のぼせ
  めまい
  頭痛
  倦怠感
 ・・・などなど

それもそのはず。
体の中は熱いし、体の外も暑いのですから…。

少し動くだけで汗も大量に出ます。
呼吸も荒く、息苦しくなります。

また、胎児が大きくなることで、
子宮が横隔膜まで圧迫して、余計に胸苦しく、呼吸が荒くなる。

とくに後期づわりがこの典型パターンですね。
 
  後期づわりの説明はコチラ

とりわけ、暑さの影響を強く受けるのは
つわり(悪阻)”でしょう。

暑いと余計にムカムカ吐き気も強くなるものです。

せめて、体内にこもる熱を何とかしないといけません!


◆暑さを和らげる天然食材

体内に充満する熱を冷やす…
といっても、体の中を冷やしきることは
妊婦さんにとってタブー・禁止事項です。

お腹、特に子宮周囲を冷やすことは絶対に避けたいところ。
(胃腸は子宮周辺の臓器にあたります)

お身体全体の熱は取り除きたい…
でも、お腹や子宮周囲は冷やしたくない。

妊婦さんの養生(当然、治療も)にはこのような繊細さが必要となります。

そこで、天然食材の出番です。

妊婦さんの体内にこもるやっかいな熱をやんわりと冷やす作用をもつ食材。

それがクズ(葛)です。
葛 効能 【奈良吉野のクズ粉】

クズ(葛)といえば、夏の時期、和菓子などで使われますね。
いわゆるクズ菓子、葛餅などです。

涼しげでいいですね(^^)

このクズ(葛)は漢方薬の葛根湯(かっこんとう)にも使われるくらい
熱を冷ます効果を持っています。

葛根(かっこん)というのは“葛(クズ)の根っこ”のこと。

クズ菓子に使われる葛粉(くずこ)も、
同じ葛根(=クズの根っこ)から作られています。

妊婦さんの熱がこもる体質にも良い効果が期待できますね。

暑さに悩まされる妊婦さんは、
ぜひこの夏、クズ(葛)をお試しあれ!!です(^^)

※ただし・・・くず湯・くずきり・クズ菓子などなど
クズ製品はいろいろありますが・・・

原料に“でんぷん”が用いられていることがあります。

“でんぷん”とクズ(葛)では生薬・薬膳で見た場合
その効能はまったく別のものになりますので注意が必要です。

原材料に葛(クズ)または本葛と表記されているもの
おススメですよ(^^)

【あとがき】
(クズ)もおススメですが、
ショウガ(生姜)もおススメします。

ショウガの効能は、胃腸の働きを良くして、
水毒の排泄をうながして、微発汗作用があります。

微発汗することで、体内の熱は発散・放熱されますので、
熱がこもりにくい体質を作ることができます。

夏は冷たい水分を摂る機会がどうしても増えます。

温める効能をもつショウガが冷えた胃のコンディションを回復してくれます。
ショウガは夏場でもおススメなのです(^^)


   『後期づわりのこと』←前号  ・  次号→『はたらく妊婦さんと赤ちゃん』
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ
 このエントリーをはてなブックマークに追加


健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 





お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.