妊婦さんのためのプレママサポートめるまがのバックナンバー




お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330


 
当院の治療を受けた方々の
プレママ治療体験記です。治療の感想


当院のプレママ治療
実際の手順を説明しています。


 
治療ぺースは症状の重さ・緊急度などで決まります。
このページを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?

その理由と歴史を紹介します。




妊婦さんが鍼を受けても大丈夫?
そんな心配や不安を解決します。
 
当院は河内長野市にありますが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の方は東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも
症状を治したい・・・
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談・ご連絡
くださいね



 
足立鍼灸治療院 仁鍼道
プレママサポート治療院

〒568-0018           
大阪府河内長野市千代田南町12-4

電話でご予約・お問合せは…
0721-53-6330
メールでのご相談・ご予約は
コチラ!!

            
受付
時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00

8:00

12:00

15:00

土曜日は昼の休憩なく診療
しています
お昼もご予約可能です

※日曜日・祝日は休診となります。



妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんの健康も
はり灸・東洋医学で守ります。

子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
  プレママサポート めるまが☆バックナンバー 2012.06.05

 vol.08 【妊婦さんは風疹にご注意を】

みなさま、こんにちは(^^)
プレママサポートはりきゅう師 足立繁久です。

最近のニュースでも報道されていますが
風疹が流行りつつあるようですね。

とくに妊婦さんは風疹に要注意です!

ということで、今回はつわりの解説はいったんお休みして、
妊婦さんと風疹の関係を紹介しますね。

---------------
妊婦さんは風疹にご注意ください! ★
---------------


◆風疹に注意すべきは妊娠初期!



風疹に注意するべき期間は
妊娠4週~16週の頃だと言われています。

『それはなぜか?』

妊娠4~16週の時期は、
胎児の様々な器官が形成される時期です。

とくに妊娠4週目以降は、胎児の脳をはじめ眼・耳・心臓など、
重要な器官・臓器が形成される大切な時期
です。

この時期に風疹のウイルスに感染する影響で
これらの器官の発生に異常が出る可能性があるのです。

風疹に罹ることで、お子さんの先天性の障害を引き起こすことを
先天性風疹症候群(CRS)と呼びます。

CRSの主な症状は以下の3つ…。

  目(眼)の症状(白内障・緑内障など)
  聴覚障害 (難聴・感音性難聴)
  先天的な心臓の問題

以上の症状から、とても深刻な問題であることが分かります。

このCRSを防ぐには、予防することが一番です。

お子さんの先天的な問題を防ぐためには、
予防接種が勧められています。


◆風疹の予防接種について・・・

繰り返しますが、お子さんの先天性風疹症候群(CRS)を防ぐには、
妊娠前に風疹のワクチン・予防接種を行っておくことが必須です。

ここで風疹の予防接種事情について知っておきましょう!

まずチェックすべきは、
幼少時に風疹の予防接種を受けたかどうか?です。

1979年(昭和54年)~1987年(昭和62年)生まれの人は、
風疹の予防接種率がかなり低く…約50%と言われています。


また“過去に予防接種をした”といっても、
現在でも風疹ウイルスへの抗体を100%保持しているか?

・・・というとその保証もありません。

なぜなら、予防接種の後、数年以上も経過すると、
風疹ウイルス抗体が消失してしまうこともあるのです。

一番、確実なのは、妊娠を希望する頃のうちに、
血液検査を受け、風疹の抗体数値をチェックしてもらうのがベストです。


ただし!!…注意が必要なのは次のケースです。

  血液検査をの結果、風疹の抗体ができていないと判明した妊婦さん
  風疹の予防接種を受けていない妊婦さん


◆妊娠中は風疹の予防接種はできません!!

予防接種に用いられるワクチンは、生ワクチン(弱毒化されたもの)です。

妊娠中の方には接種できません。

また、近いうちに、妊娠予定のある方にも接種することはできません。
※接種後2週間~1ヶ月の間は、風疹ワクチン(弱毒化ウイルス)が
 体内に残るからです。

風疹抗体を持たない妊婦さんは、予防接種が受けられない…となると


◆とにかく風疹の感染の機会を避けること!

風疹の感染経路は飛沫感染です。

風疹ウイルスを持つ人のくしゃみや咳で、風疹ウイルスが広がります。

  お出かけなどは最小限に抑えるのがベターです。

  また、出かけるにしても、人ごみなどは極力避けてください。

  そして外出後の“手洗い”と“うがい”も心がけた方が良いですね。

感染経路となる鼻・ノドの粘膜を清潔に衛生管理を行うことで
できる限り、感染のリスクを減らしましょう。


そして風疹の流行にも時期的なものがあります。

こまめにニュースやネット情報から、
風疹の流行情報を入手することもおススメしますよ。



   『涎つわりの原因と対処法』←前号  ・  次号→『食べづわりについて』
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ
 このエントリーをはてなブックマークに追加


健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 





お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.