妊婦さんのためのプレママサポートめるまがのバックナンバー




お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330


 
当院の治療を受けた方々の
プレママ治療体験記です。治療の感想


当院のプレママ治療
実際の手順を説明しています。


 
治療ぺースは症状の重さ・緊急度などで決まります。
このページを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?

その理由と歴史を紹介します。




妊婦さんが鍼を受けても大丈夫?
そんな心配や不安を解決します。
 
当院は河内長野市にありますが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の方は東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも
症状を治したい・・・
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談・ご連絡
くださいね



 
足立鍼灸治療院 仁鍼道
プレママサポート治療院

〒568-0018           
大阪府河内長野市千代田南町12-4

電話でご予約・お問合せは…
0721-53-6330
メールでのご相談・ご予約は
コチラ!!

            
受付
時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00

8:00

12:00

15:00

土曜日は昼の休憩なく診療
しています
お昼もご予約可能です

※日曜日・祝日は休診となります。



妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんの健康も
はり灸・東洋医学で守ります。

子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
  プレママサポート めるまが☆バックナンバー 2012.05.21

 vol.07 【涎つわりの原因と対処法】

みなさま、こんにちは(^^)
プレママサポートはりきゅう師 足立繁久です。

さて、種類別・つわり体質シリーズ第2回です。
今回はちょっと変わったつわり症状を紹介します。

【涎(よだれ)つわり】って知っていますか?

別名【唾液過多症(だえきかたしょう)】とも呼ばれる症状です。

今回はその“涎つわり”について、その原因と対処法を紹介しますね。

---------------
★ よだれづわりの原因と対策 ★
---------------


◆涎つわりのお困り症状(><)


涎つわりとは、口中に涎(よだれ)が過剰に分泌される症状を言います。

四六時中、口の中に唾液が分泌されてしまいので
そのため気持ちの悪さ・吐き気がさらに強くなってしまいます。

また、ほとんどの涎つわりの場合は、その唾液の質・性情が
ネバネバして粘性の高い唾液のため、飲み込むことは不可能です。

常に口の中の気持ちの悪さと吐き気に悩まされてしまう状況になります。

口の中の涎(よだれ)が、吐き気・嘔吐の引き金にもなることが多く
吐きつわりと併せて発症してしまうのも、涎(よだれ)つわりの特長です…。


また、あふれ出る涎・唾液の扱い・処理にも困ります。

ティッシュ・ペーパーやペットボトルは必需品です。

お出かけの時は、ポケットティッシュでは足りず、
ティッシュを箱ごと持ち歩く方も少なくありません。

また、中が見えないようにカバーをかけたペットボトルに、
唾液を追い出す(排出する)方法も良いですね。

排出することをガマンするのは、吐き気が増すだけなので
おススメしない行為です。

ましてや無理して唾液を飲み込むことはNG。

どんな状況でも唾液を排出できるアイテムや工夫が必要です。


◆涎(よだれ)つわりの原因と治療法

この涎つわりの原因となるのは、水毒(すいどく)と呼ばれる病理体質です。

水毒体質は“ドロドロ水”のようなモノが身体に蓄積している状態を言います。

ドロドロ水が身体に蓄積してしまうと、
母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があるため
妊婦さんの体が“唾液・涎という形で強制排出”しているのです。

ドロドロ水が口の中に溢れだすと、不快で気持ち悪くなるのも当然ですね。


水毒体質という点では、涎つわりの原因は“吐きつわり”と同じ体質です。

そして原因がわかれば、治療法も分かります。

涎の元である水毒の蓄積を減らせれば、唾液の分泌量は減ります
つまりは水毒・ドロドロ水を体の外に追い出せばいいのです。

でも、追い出すといっても、ただ追い出すだけだと
唾液・よだれの量が増えるだけです。

(よだれ)とは、違う形で排出すること。

これが涎つわりの対処法のポイントなのです。


実際に当院の涎つわり治療を受けてもらうと
分泌される
(よだれ)の量は減ります。

(よだれ)が減れば、涎のせいで起こる吐き気・嘔吐も減ります。

その結果、妊婦さんの負担・苦しみも軽減されます。

つわりのツラさが減ること。
これは重要なことですが、もうひとつ大切なメリットがあります。

それは・・・赤ちゃんの健康です。

水毒をしっかり排出させて、毒素の蓄積を減らすことは
おなかの赤ちゃんの体質にも良い影響を与えます。

これも前回のメルマガでもご紹介したとおりですね。

水毒の処理は、妊婦さんの苦痛を軽くし、
さらには赤ちゃんの体質を健康的にするという二重のメリットがあるのです。


  当院の鍼灸ケアで使う【水毒を減らすツボ(経穴)】はコチラ


◆涎つわりを減らす食生活

涎つわりの原因はドロドロ水です。

となると当然、ドロドロ水を増やす食生活はおススメできません。

  甘いもの
  脂っこいもの
  生もの
  …これらの食事は避けた方が無難です。

反対に水毒を減らすような食材はコツコツを摂ることがおススメ♪

お手軽に使える薬膳食材として代表的なものに【ショウガ(生姜)】があります。

ショウガは古来より“吐き気止めの聖薬”とも呼ばれるほどの食材です。

  “吐き気を抑え、嘔吐の回数を減らす効果”
  “水毒の蓄積を防ぐ効能”を持っているのです。

しかも、その調理方法においても
『煮てよし、炒めてよし、生でもよし!』
と、使い勝手がよく、非常に有能な薬膳食材なのです。


  涎つわりの治療のご案内は…コチラ!


   『いつまで続く?吐きづわり』←前号  ・  次号→『妊婦さんは風疹にご注意を!』
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ
 このエントリーをはてなブックマークに追加


健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 





お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.