妊婦さんのためのプレママサポートめるまがのバックナンバー




お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330


 
当院の治療を受けた方々の
プレママ治療体験記です。治療の感想


実際のプレママ治療は
このような手順で行っています。


 
治療のぺースは症状の重さ・緊急度などで決まります。
このページを参考にしてください。

 
当院がなぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?
その理由と歴史を紹介します。




妊婦さんが鍼を受けても大丈夫?
そんな心配や不安を解決します。
 
当院は河内長野市にありますが
和泉・岸和田・大阪市内からも
さらに遠方の方は東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも
症状を治したい・・・
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プランもあります。


お気軽にメールでご相談・ご連絡
くださいね



 
足立鍼灸治療院 仁鍼道
プレママサポート治療院

〒568-0018           
大阪府河内長野市千代田南町12-4

電話でご予約・お問合せは…
0721-53-6330
メールでのご相談・ご予約は
コチラ!!

            
受付
時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00

8:00

12:00

15:00

土曜日は昼の休憩なく診療
しています
お昼もご予約可能です

※日曜日・祝日は休診となります。



妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんの健康も
はり灸・東洋医学で守ります。

子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
  プレママサポート めるまが☆バックナンバー 2010.11.10

 vol.03 【吐きつわりに効果がある意外な処方・その1】

みなさま、こんにちは(^^)
プレママサポート鍼灸師の足立繁久です。

今回は『意外な食材で作る台所漢方!つわり対策・その1』です。

嘔吐吐き気に悩まされる妊婦さんにとって、
少しでもお役に立てる情報であれば幸いです。

さて、この処方箋で紹介するのは、漢方薬に使われる生薬です。

漢方薬といえば、気軽に試しにくい印象がありますが…
ここで紹介するのは身近なもので、手軽に試すことができるもの。

つまり台所にある食材で、それでいて生薬としても使われる
“台所漢方”を紹介しますね。

---------------
★ 吐き気を止める意外な処方箋・その1 ★
---------------


今日、紹介するのは【生姜(しょうきょう)】。

しょうがです。
つわりの吐き気に効果のあるショウガ
『なーーんだ、しょうがか…』
なんて思った方もいるかも知れませんね。

でも、生姜(しょうが)ってスゴイんですよ。


◆生姜・しょうがの3大効能!

  胃の冷えを改善!
  冷えた胃を温めてくれます。
  その結果、胃のはたらきを正常にすることで、
  ムカムカや吐き気を抑えてくれます。

  微発汗の作用により、身体の全体の代謝を高めます。
  身体全体の水分代謝を活性化させます。
  その結果、微発汗という形で、不要な水分を体外に排除します。

  水毒の排出を促します。
  水毒は吐き気・嘔吐の原因ともいえる体質です。
  その原因を排除するので、吐き気を減らす効能があるのです。


◆さらに…生姜・しょうがのイイところ

『“しょうが”は手軽に手に入る』

これは大きな長所です。

スーパーに買い物にいくと、たいてい売ってますし、
100~200円というお手軽お値段で買える生薬です。


いわゆる“土しょうが”という商品ですね。

それも1袋・1パックで十分です。

生薬として使うなら、10日分以上はゆうにあります。


具体的な分量にすると・・・
1人、1回分ならホンのひとかけで足ります。

それも、実際にはスライスにして使います。
スライスだと5,6枚といったところでしょうか。


◆もっと使える!…生姜・しょうがのイイところ

しょうがのレシピが豊富だということ。

様々なメニューに使えるのも、“しょうが”の優れたポイントです。

実際“しょうが”は、いろんなジャンルの料理に使えますよね。

  炒め物
  煮物
  添え物(ツマ)

 他にも・・・
  漬物
  佃煮

などなど各料理のジャンルで使用できます。


吐きつわりの症状が出ている間は、
口にできる食事の種類が限られています。


ですから、食べられる料理の隠し味としても
“しょうが”を利用すると良いでしょう。


◆つわりが本当にひどい時はどうすれば・・・?

本当に重い吐きつわりの時は、
ほとんどの料理を口にすることができません

そんな時には『しょうが・スープ』はどうでしょう?

スープにすれば、まだ少しは摂取しやすくなります。

【“しょうが”のスープの作り方はカンタンです】

1、“しょうが”をスライス4~6枚ほど用意します。
 又は、同分量のすりおろしたショウガでもOKです。

2、ご飯・お水・しょうがを鍋に入れてコトコト煮込みます
 おかゆ作るのと同じ要領です。
 3分粥の分量で、お湯を多めにして炊きます。
 
これで“しょうが”のスープのできあがりです。

固形物が受け付けず、食べられない人は、
上澄みのスープの部分だけでも飲んでみてはいかがでしょう。

また、熱々の状態だと受け付けない…という方もいます。

その場合、一旦冷ましてから食してみるのもイイですね。


薬膳食材としてみると・・・

“しょうが”・お米(うるち米)はどちらも
胃のはたらきを助けてくれる効能を持っています。

嘔吐続きで疲れ切った胃のコンディションを
回復させるのにも向いていますね。



お米の炭水化物がとろみの元になります。
そうしたわずかな違和感も気になる時は、コショウを使うと良いですね。

コショウも水毒を取り除く効能を持っていますので、
口中をサッパリさせてくれますよ。


◆最後に、もうひとつ“しょうが”のイイところ

吐き気を止める効能がある…とはいえ、
近代医学の薬剤に比べると、速効性では落ちるかもしれません。

でも、“しょうが”は薬剤ではありません。食材です。

ですので、薬剤による副作用や、胎児への影響などの、
不安要素がない点も大きな長所です。


つわりの時期は、胎児の体の重要な器官が形成される時期です。
そんな妊婦さんが安心して使える台所漢方薬なのです。


   『つわり(妊娠悪阻)のケアについて』←前号  ・  次号→『吐き気を止める意外な処方箋・その2』
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ
 このエントリーをはてなブックマークに追加


健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 





お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.