妊婦さんのためのプレママサポートめるまがのバックナンバー




お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330


 
当院の治療を受けた方々の
プレママ治療体験記です。治療の感想


当院のプレママ治療
実際の手順を説明しています。


 
治療ぺースは症状の重さ・緊急度などで決まります。
このページを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?

その理由と歴史を紹介します。




妊婦さんが鍼を受けても大丈夫?
そんな心配や不安を解決します。
 
当院は河内長野市にありますが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の方は東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも
症状を治したい・・・
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談・ご連絡
くださいね



 
足立鍼灸治療院 仁鍼道
プレママサポート治療院

〒568-0018           
大阪府河内長野市千代田南町12-4

電話でご予約・お問合せは…
0721-53-6330
メールでのご相談・ご予約は
コチラ!!

            
受付
時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00

8:00

12:00

15:00

土曜日は昼の休憩なく診療
しています
お昼もご予約可能です

※日曜日・祝日は休診となります。



妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんの健康も
はり灸・東洋医学で守ります。

子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■


     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、現代では数少ない独特の脈診法のため
週間少年マガジンから取材を受け、医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!

 このエントリーをはてなブックマークに追加
  プレママサポート めるまが☆バックナンバー 2010.11.01

 vol.02 【つわり(妊娠悪阻)のケアについて…】

みなさま、こんにちは(^^)
プレママサポート鍼灸師の足立繁久です。

妊娠すると、多くの妊婦さんが直面するの問題が
妊娠悪阻=つわりです。

中には全くつわりを経験せずに、お産を迎える方もおられますが

しかし、妊娠中のマイナートラブルのトップに君臨する“つわり”。

この“つわり”を東洋医学的に原因を明らかにし、
苦しくツラい症状を少しでもラクにできるように、
当院ではプレママ鍼灸によるつわりケアに力を注いでいます。

---------------
★ つわり(妊娠悪阻)について ★
---------------


◆古来からつわり(悪阻)の治療は大きなテーマ!

東洋医学の婦人科には、妊娠悪阻の治療法が残されています。

漢方医学のバイブルと言われる『傷寒雑病論』という医学書があります。

この医学書に、こんな一文があります。

つわりの漢方薬「妊娠嘔吐不止…」

日本語になおすと、【妊娠してから、嘔吐が止まらない…】
だから、そんな場合は、この漢方薬を服用しなさい。

…と、そんな処方が書かれています。

この医学書は3世紀の初め(200年代)に書かれたものです。

こうしてみると…
今から約1800年も昔から人はつわりに悩まされていた事が分かります。


◆東洋医学でつわりケアを行う意味

現代医学の考えでは・・・

『つわりはそのうち治まる』
『それまでガマンしてください。』


というスタンスです。

あまりのつわり症状のひどさに耐えかねて、
検診の時にその苦しみを訴えても…

良くて
『ガマンしてください。そのうち治りますから…』

ヒドイ場合だと
『気のせいでしょ?』

そんなやり取りが多いのだとか…。

だからこそ、当院では東洋医学の知識と技術を駆使して
現代医学では診られることのない“つわりケア”に力を入れているのです。


◆東洋医学で“つわり症状”を軽減消失させるには…

つわり(悪阻)の原因となる体質を把握がすること第一です。

つわりを起こさせるには原因があります。
理由もなくつわりが起こるのではありません。

“つわり体質”という原因があるのです。

つわりを起こす体質には次のような条件があります。

  冷え体質と水毒の停滞
  疲労の蓄積よる体質的な弱り。

この2つの条件について、次に説明しましょう。


◆冷え体質と水毒の停滞

女性の多くは冷え症です。

身体が慢性的に冷えると、水の代謝が悪化して、
悪い水分(ドロドロ水)が停滞してしまいます。


漢方医学では、この水の停滞を水毒(すいどくと言います。

この水毒が蓄積してしまうことで、
ムカムカ吐き気嘔吐などの症状が引き起こされます。

生もの・冷たいものを摂取することや、キツイ冷房運動不足で、
冷え体質につながります。

また、甘いモノ・脂っこいものの取りすぎ、
発汗量の不足などから水毒が蓄積してしまいます。

このような冷えと水毒の蓄積という面で、
現代の生活は、女性にとって不利な環境といえますね。


◆ストレスの蓄積

『ストレスの無い人なんていない』なんて言われそうですが…。
実際の場合、次の2つのタイプに分かれます。

  ストレスはあるけど、それをため込まないタイプ
     と
  ストレスを蓄積し、体調に影響を受けてしまうタイプ

そして、つわり体質に関係があるのが
ストレスの影響を受けてしまうタイプの方。

なぜならストレスが蓄積してしまうと
“みぞおち”のツボが凝り固まってしまいます。

みぞおちが硬くなると、そこに水毒も集まり
ムカムカが起こりやすくなります。

・・・と、カンタンながら、
つわり体質の原因となる2つの要因を紹介しました。


◆原因が分かれば“解決策”もわかる!

つわりの原因は、つわり体質です。

つわりの体質を生み出す要因は、ストレスや水毒・冷えによる影響です。

これらの影響を体質面から解除することで、
つわり体質を改善→つわり症状を軽減・消失させることにつながります。


現代医学では診ることの無い“体質”という角度から診断を行い
その原因体質を改善することで、
東洋医学的なつわりケアを行うことができるのです。

  当院のつわりケアの体験談の声


  当院のつわりケアの情報・ご案内は…コチラから!

   次号→『吐き気を止める意外な処方箋・その1』
メルマガバックナンバー☆一覧はコチラ
 このエントリーをはてなブックマークに追加


健康なマタニティを東洋医学でサポート!
妊婦さんのための無料メルマガです♪
メルマガ登録は コチラ の登録フォームからどうぞ!
メルマガ購読・解除
 





お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330


安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.