妊婦さんのこむらがえり 足のひきつり プレママ鍼灸で軽減 大阪 プレママサポート鍼灸院

妊婦さんのためのプレママサポート鍼灸



お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330
妊娠中の“こむらがえり”から分かること 
 
はてなブックマークに追加 

  妊娠中の“こむらがえり”

 こむらがえり”で分かる!あなたの体質

妊娠中のこむらがえりといえば、
妊娠中のマイナー トラブルの定番ともいえる症状です。

とくに“こむらがえり”がよく起こる場所といえば、足の“ふくらはぎ”ですね。

妊婦さんを悩ます こむらがえり 足の引きつり

また“こむらがえり”がよく起こる時間が、明け方に集中している…
ということも多くの妊婦さんに共通したことです。


ウトウト…と、まどろんでいる時に、突然襲ってくるひどい痛み

飛び起きて足を揉む・手で伸ばす・旦那さんに揉んでもらう…


このような経験を持つ妊婦さんはかなり多いことでしょう。


さらに、上級者(?)になると、こむらがえりが起こる直前に察知して、
絶妙なタイミングで、足の筋肉の緊張を調整、こむらがえりを未然に防ぐ。

そんな妊婦さんも少なくありません。

 
なぜ、こむらがえりが起こるのか?その理由とは・・・


こむらがえりの強烈な痛みは筋肉が痙攣
(けいれん)することで起こります。


なぜ妊婦さんの筋肉が“痙攣”を起こすのでしょうか?


東洋医学では、筋肉のけいれんの原因のひとつに
『血液の質の悪化』が挙げられています。


血液の役目は『筋肉に栄養と酸素を運ぶこと』です。


しかし・・・もし、血液の質が低下すると どうなるでしょう?


 筋肉に栄養を運ぶことができなくなる

 筋肉中の老廃物を運びだすことができなくなる

 筋肉のコンディションはどんどん悪くなる…

 そして、コンディション悪化の限界を越えたとき…
 
その筋肉には“こむらがえり
(筋肉のけいれん)”が起こってしまいます。


つまり・・・
 “こむらがえり”が起こるということは・・・


『妊婦さんの血液の質・流れが悪くなった状態』…と判断できるのです。


 なぜ妊婦さんの血液の質・流れが低下するの?
 妊娠中は、胎児を育てるため大量の血液を必要とします。


特に妊娠中期~後期に入ると、おなかの中の赤ちゃんも大きくなります。

その分、赤ちゃんが必要とする血液量は今まで以上に増えます。

そのため、妊婦さんは
慢性的に“血液が不足傾向”にあるといえます。


しかし、いくら血液が足りない…と言っても
優先的に血液を送り届けなければいけない所があります。

それが・・・
胎盤です。

胎盤を通じて、胎児に栄養・酸素を送り届ける必要があるからです。

結果的に…母体の各器官に送られる
血液は不足傾向になります。

とくに貧血状態になった末端の筋肉は、けいれんを起こしやすくなります。

これが妊婦さんのこむらがえりの原因なのです。


また、日ごとに大きくなる子宮は鼠径部(足の付け根)を圧迫し、
下肢への血行を妨げます。

胎児を育てるために起こる“血液の質の低下”
胎児が育ったために起こる“血液の流れる量の減少”

この2つの“こむらがえり”の要因は、
妊娠の週数が進むほど強くなります。


 ガマンする???妊娠中のこむらがえり

睡眠中に起こる“こむらがえり”の痛みは
飛び起きるほどで、お母さんは熟睡することができません。


『妊娠中は“こむらがえり”がおこって当たり前…』

『“こむらがえり”の痛みはガマンするもの…』

一般的にこのように考えられていますが・・・


ひんぱんに起こる妊娠中のこむらがえりは治療の必要があります。

治療が必要な理由は、睡眠を妨げられるから…ではありません。

その理由は・・・意外にも
“赤ちゃんのために治療が必要”なのです。


 産後の育児にも影響する“こむらがえり”の体質

血液
は、妊娠期に重要な働きをする“なくてはならないモノ”です。

胎児の発育に直接 影響するのが血液の質です。

分娩・出産の時にも、大量の血液を必要とします。

 胎児の正常な発育のためにも、安産のためにも
 出産の前・妊娠期のうちから、血液を確保しておく必要があります。


また
母乳にとっても血液は大切な存在です。

《乳血同源》という言葉があります。

この言葉は・・・
『母乳はお母さんの血液から作られる』こと意味します。

しかし、産後のお身体の状態が“血液不足の状態”だと・・・

  母乳の出が悪い
  母乳が数ヶ月で出なくなった

・・・と、このような母乳のお悩みを耳にします。


これらの母乳のお悩みの多くは、
妊娠中の血液のコンディションが大きく影響している…と言えるのです。


 健康な母乳育児の準備は妊娠中から始まる

『質の良い母乳を赤ちゃんにあげたい…』多くのお母さんはこのように思います。
  
※ある育児関係会社の調査によると、母乳育児を希望する妊婦さんは90%にものぼるといいます…


良質の母乳は良質の血液から作られる…


“質の良い血液”を維持するためには、
プレママ鍼灸ケアがおススメです。

それも、大量に血液を消費してしまった出産後に始めるのではなく、
まだ血液を多量に失っていない
妊娠中からケアを受けることがベストです。


このように“産後の体質”や“母乳育児”の視点でみると・・・
 
“こむらがえり”を
単なる妊娠中のマイナートラブルとしてではなく
血液コンディションをあらわすサインと判断することができます。


そして、もっと大切なのは・・・

生まれてくる赤ちゃんのために
も、
血液の質・量を改善するための体質ケアを受けることです。


当院では、産後のこと、授乳のことまでを視野に入れて
プレママ鍼灸ケアを治療を行っています。



うれしいネット割り♪のお知らせ

当ホームページより治療のご予約をいただいた方には
初診時の料金を割引させていただきます。

下のメールフォームからご予約いただくと… 

初回6,000円4,000円とさせていただきます。



お電話で『ホームページを見ました…』と言っていただいても
割引きOKですよ(^^)
お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330



妊娠中の“こむらがえり”から分かること   
はてなブックマークに追加



 
プレママ鍼灸を受けた
妊婦さんたちの体験記です。治療の感想


当院のプレママ鍼灸
手順を説明しています。


 
料金や通院ペースは
コチラを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?
その理由と歴史を紹介します。





妊娠中に鍼を受けても大丈夫?
そんな不安を解決します。
 
当院は河内長野市ですが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも症状を治したい・・・』
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談
ご連絡くださいね


 

プレママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒586-0018
大阪府河内長野市
千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00

12:00
~15:00

■ご相談・ご予約は…
  0721-53-6330

メールでのご予約はこちら


妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんも
はり灸・東洋医学で守ります。
子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■

     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、数少ない脈診
週間少年マガジン医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝

正当なCSSです!

正当なCSSです!

安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.