妊娠中の嘔吐下痢・胃腸炎 プレママ鍼灸でケア 大阪 プレママサポート鍼灸院

妊婦さんのためのプレママサポート鍼灸



お電話でご予約・お問合せは…0721-53-6330
妊娠中の嘔吐・下痢を東洋医学でケア 
 
はてなブックマークに追加 

      妊娠中の流行性胃腸炎
 妊娠中ノロウイルスに感染したら…


流行性の急性胃腸炎の原因となるのは
  ノロウイルス
  ロタウイルス
  エンテロウイルス・・・などが知られています。


特に近年はノロウイルスの流行が問題視されています。

これは
ノロウイルスの感染力の強さを原因としています。


ノロウイルスに感染した場合、
感染してから1~2日(早い場合は6時間)の潜伏期間の後に発症します。


ノロウイルスの代表的な症状は・・・


  微熱(を伴うこともある)

  嘔吐

  下痢

  腹痛

  全身倦怠感

    ・・・などの症状です。


特に嘔吐・下痢・腹痛は激しく、そして突然に起こることが多いです。


嘔吐物(吐瀉物)を掃除した際、消毒が不十分だと
掃除をした人が感染し、ノロウイルスが広がってしまうケースがあります。


特に注意が必要なのは・・・

ご家族が発症(嘔吐)した際の掃除・洗濯するときです。

嘔吐物が付着したものに触れた際には、繰り返し手洗いした方が良いです。

妊婦さんが感染する可能性を限りなく0(ゼロ)近づける必要があります。


赤ちゃん(胎児)への影響は?
 
 ノロウイルスの感染による
 胎児への先天的な傷害を及ぼす可能性は無いと言われています。
 この点はご安心ください。



  治療法  


ノロウイルスに対する抗ウイルス薬はありません。
また、ワクチンも無い状態です。
 ※抗生物質も無効です。

実際には対症療法的に、
吐き気止めや整腸剤などのお薬が点滴などで投与されるようです。


しかし、強制的に下痢を止めることは、
ウイルスを体外に排除する働きを邪魔する結果になります。


そのため、点滴と自然回復が基本の処置となります。


 妊婦さんが注意すべき症状

 
脱水症状

嘔吐と下痢が激しく、かつ繰り返し起こることで、
体内の水分・ミネラルが大量に失われます。

その結果、水分・ミネラルバランスが悪化し、脱水症状が起こります。


嘔吐下痢などの激しい症状にも注意が必要ですが、
胃腸炎で気を付けないといけないのは、脱水症状です。


脱水症状の予防には、スポーツドリンクがおすすめです。


スポーツドリンクには、身体に必要なミネラル(電解質)と、
エネルギー源となる糖分が含まれています。


スポーツドリンクを摂るときは、
常温~体温より少し高めの温度で摂ることをおすすめします。


冷たい飲食物の摂取は、胃腸を冷やすことにつながり
余計に胃腸の回復を遅らせてしまいます。
  激しい嘔吐による腹筋の過緊張     

嘔吐が繰り返されることで、妊婦さんのお腹の筋肉は非常に硬くなります。


お腹の緊張そのものは、胎児に悪影響を与える心配はありません。


しかし、お腹の緊張が続くと・・・

お腹の張りや痛みにつながる可能性があります。

嘔吐や下痢などの病気を原因として起こったものですから、
できるだけ速やかにお腹の緊張をほどいてあげる必要があります。


 胃腸炎のダメージから回復する方法


嘔吐や下痢は、妊婦さんの体力を激しく消耗します。


一回の嘔吐・下痢だけでもダメージが大きいのに・・・

それが繰り返し起これば、体力の消耗度は深刻です。


お腹の中に“もうひとつの命”を抱えている妊婦さんであれば
ダメージ回復を人一倍急ぐ必要があります。


胃腸炎で受けたダメージを速やかに回復させるには・・・

“お灸治療”や“はり治療”が最適です。



温かいお灸

写真は温かい刺激をツボに加える温灸治療

この温灸療法なら、ヤケドなど強い刺激を与えることなく
マイルドにツボを刺激することが可能です。


“ツボ(経穴)への刺激”を通して、
スムーズに胃腸のコンディションを整え、自然治癒力を活性化させます。


胃腸の回復を早ければ早いほど、
赤ちゃんへの栄養供給がスムーズに回復することになります。


 嘔吐・下痢が治った後の諸注意…


嘔吐や下痢の症状が治まった後でも、まだまだ油断は禁物

食事には注意が必要です。

 
  消化の良いもの
 
  温かいものを摂ること

  食べ過ぎに注意し、腹八分(はちぶ)くらいに抑えること



この3点を守ることが大事です。


妊娠中は、代謝率も上がり、エネルギーも要るため
いつも以上にお腹も減ります。

『体力をつけるため…』と言って
病み上がりの状態で、急にたくさんの食事をすることは禁物です。


食事節制を守らないで、暴飲暴食をすれば
さらに胃腸の力を低下させることになるからです。

ここはグッとガマンが必要。

消化が良くて、温かいもの…

お粥(おかゆ)やおじや・雑炊などを、しばらく摂るようにしてみましょう。



 赤ちゃん・胎児への影響の可能性がない感染症

 妊娠中のかぜ(普通感冒)
 妊娠中のインフルエンザ(流行性感冒)
 妊娠中の嘔吐下痢(流行性胃腸炎)
  ※ノロウイルス・ロタウイルスなど…

 赤ちゃん・胎児への影響の可能性がある感染症

 妊娠中の風疹
 妊娠中の水痘(水疱瘡)
 妊娠中の麻疹


妊娠中の嘔吐・下痢を東洋医学でケア   
はてなブックマークに追加





お電話でのご予約はコチラ!
0721-53-6330




 
プレママ鍼灸を受けた
妊婦さんたちの体験記です。治療の感想


当院のプレママ鍼灸
手順を説明しています。


 
料金や通院ペースは
コチラを参考にしてください。

 
なぜプレママ鍼灸ケアに
力を注ぐのか?
その理由と歴史を紹介します。





妊娠中に鍼を受けても大丈夫?
そんな不安を解決します。
 
当院は河内長野市ですが
和泉・岸和田・大阪市内から
さらに遠方の東京・愛知から
ご来院いただくこともあります。


『遠い大阪に通院するのは無理
 でも症状を治したい・・・』
遠方にお住まいの妊婦さん用の
治療プラン
もあります。


お気軽にメールでご相談
ご連絡くださいね


 

プレママサポート鍼灸院
足立鍼灸治療院 仁鍼道

〒586-0018
大阪府河内長野市
千代田南町12-4

受付時間
午前
9:00
~12:00
午後
2:00
~8:00

12:00
~15:00

■ご相談・ご予約は…
  0721-53-6330

メールでのご予約はこちら


妊婦さんの健康情報だけでなく
ママさんお子さんの健康
育児のワンポイントなど
情報発信するブログです。


産後のママさん・赤ちゃんも
はり灸・東洋医学で守ります。
子ども健康.com
ママサポート.com


プレママサポートなホームページとのリンク集です。
相互リンクについてはコチラ!


■ 週間少年マガジン ■

     2010. 03.03号
院長が使う脈診は、数少ない脈診
週間少年マガジン医療系マンガに掲載されました。

プレママ&ママサポートはり灸治療院 足立鍼灸治療院 仁鍼道

Facebookページも宣伝


正当なCSSです!

正当なCSSです!

安心マタニティを東洋医学で応援! プレママサポートはりきゅう治療院  足立鍼灸治療院 仁鍼道  〒586-0018 大阪府河内長野市千代田南町12-4
    ホームプレママさんの治療体験実際のプレママ治療のようす

メニュー&治療料金当院へのアクセス - お問い合わせ

プレママサポート鍼灸師・プロフィールリンク集 - 相互リンクについて -

妊婦さんの治療・プレママサポート治療院 大阪 河内長野 足立鍼灸治療院 仁鍼道 Copyright (c) 2008 adachi-sinkyu-jinsindo All Rights Reserved.